インプラントにすれば以前のような食生活に早変わり

先生

安心して治療を進めるなら

インプラント

検査はしっかり行おう

奥歯が抜けてしまった、抜歯が必要になった際は、人工の歯で補う治療が行われますが、その方法も入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。入れ歯やブリッジは比較的安く治療ができ、費用も抑えることができますが、入れ歯は動きやすい、噛む力が弱いという欠点がありますし、違和感の少ないブリッジも健康な周囲の歯を削る必要がありますので、歯の寿命を縮めてしまうことにもつながります。まわりの歯を傷つけず、しかも本物の歯のようにしっかり噛むのであればインプラントが向いています。奥歯は力がかかる場所ですので、インプラントを埋め込む際も失った歯と同じぐらいの本数の埋入が必要となります。本数を軽減するのであれば太い因プラントを使う方法もありますが、この場合も顎の骨量が十分にあることが条件です。前歯と比べて奥歯は治療が難しくない印象もありますが、下顎には太い神経や動脈の走る管がありますので、この部分を傷つけないよう慎重に治療を進めていく必要があります。事前の検査がしっかり行われていると治療のリスクを抑えることができますので、歯科CTなど検査の設備が十分に整った歯科医院を選びましょう。インプラントは治療費が高くなるイメージもありますが、奥歯は目立たない部分ですので、歯冠を金属歯などにするとより費用を抑えることもできます。骨量が少ない場合は骨を増やす治療が必要となることもありますので、こちらもよく確認しておきましょう。治療を成功させるためにもできるだけ多くの実績を持つ信頼ある歯科医院を選ぶことも大事です。